中絶手術はとてもつらい

生前前検査の倫理的ジレンマ

生前前検査て知ってますか? | ダウン症が生まれる可能性80% | 障害のある子を育てる自信がないので中絶手術を選択 | 中絶した記憶は一生消えないということ | 生前前検査の倫理的ジレンマ

生前前検査のことは、医学的な見地からも実施するかどうかで意見が分かれているそうです。
障害があるとわかった時点で中絶手術をする人がほとんどだからといいます。
でもそういう子でも生まれてくる権利はあるという考え方だからといいます。
その考え方はとてもわかります。
だれでも生きる権利があるのは事実だからです。
でも、自分の身に降りかかってきたら、そんなに冷静には考えられないのではないでしょうか?家族との人生設計がすべて変わるからです。
経済的にも恵まれていなければならないからです。
でもその選択をすると、すっと思い十字架を背負うような悲しみを持つのも事実です。
どちらがいいのかは、結局家族できめるしかないですし、こういうことから夫婦が崩壊する例も少なくないようです。